Archives

now browsing by author

 

雨の日の気になる存在

その日は朝からあいにくの雨で、とても気温が下がっていて、
体に染み込んでくる寒さに、家でゆっくり過ごそうと決めていました。

コーヒーを入れて、ゆっくり飲んでいると、外から猫の甲高い鳴き声がしていました。
声の感じから、小さな子猫のイメージでした。

Read the rest of this page »

朝ごはん用のキッシュ

最近、冬だからかなぜか朝、起きれません。
そのせいで、家族の朝ごはんが、旦那さんの出勤時間までに用意できないこともあるのです。

家族に迷惑をかけないために、玉ねぎ、マッシュルーム、それからベーコンを入れたキッシュを前の晩に作り、
それを温めて朝ごはんにだしています。

Read the rest of this page »

セーターのお手入れ方法

この時期に着るセーター!。
洗濯表記を見ると、手洗いのみになっているし…
ズボラな私には面倒…

仕方ないから、2.3回は洗濯せすに着てしまう…
毎回ハンガーにかけてファブリーズして干してから着ています。
よそのお宅は、どうしているんだろう。

Read the rest of this page »

お正月の楽しみと言えばこれ!

年末は好きなんだけど、昔からお正月がどうしても好きになれない私…。

大みそかまではすごく活気があるのに、
一晩明けただけでお正月特有のダラ~っとしたムード一色になるのが、どうにも好きになれないんですよねえ。
(ただ最近は元旦からお店も開いているので、昔ほどダラけたムードはなくなりましたが)

Read the rest of this page »

電気代上がるんじゃないの?

年末年始って絶対どこの家庭も電気代上がりますよね。

だって年末年始って特番ばかりじゃないですか。特にお正月。

お正月は下手したら朝から晩までテレビをつけている可能性だってなきにしもあらず。

Read the rest of this page »

新年道頓堀ダイブなんて

元日、年明けのタイミングで、大阪の道頓堀川にダイブした人たちが60人ぐらいいたのだそうです。

そして、その中の1人が心肺停止になりお亡くなりになったとのこと。

どうやら、パスポートなどから、韓国から来た18歳の観光客らしいということです。

道頓堀川に飛び込むのは、阪神ファンだけかと思っていました。

ニューイヤー記念でも飛び込む人がいるのですね。

Read the rest of this page »

年末らしくなくなった年末

いつの頃からか大晦日が近づくと、テレビ番組は年末特番を放送するようになった。

私が、小学生の頃は、今のように年末特番は放送されていなかった気がする。

小学生の頃、フジテレビで放送していた森光子司会の「3時のあなた」も大晦日まで放送し、
年末で混み合うアメ横に中継を出し年末の買い出しの様子を放送していた記憶がある。

現在は、20日を過ぎると番組の最後にアナウンサーなどが、
「年内の放送は、今日が最後です。来年の放送は、1月○日からです」
ということが定番になった。

Read the rest of this page »

冬休み、案外母は忙しい

大掃除がまともに出来ない年末が何年も続いています。

子供が小さかった頃は子供の世話に明け暮れて、日常の掃除が限界でした。
小学校に入学し、ある程度大きくなったから、これからは戦力になってくれると淡い期待を抱いていたのですが……
小学生になったらなったで、年末の行事が目白押し。
私まで拘束されてしまうので、そもそも家にいられないことも多いです。

やっと時間がとれたと思ったら、帰省までカウントダウンが始まっていて。

Read the rest of this page »

クリスマスのラッピング

もうすぐクリスマスです。
この時期になると私のお店では(どこのお店でもそうだと思いますが)クリスマス用の包装が増え始めます。

確かにお店で買ってそこで包装を頼むのもいいとは思います。
綺麗に包んでくれるし。でもそうなると包装紙やリボンの色を選べません。
私はそれがちょっと不満で、相手の年齢や雰囲気に合わせてプレゼントを自分で包装するようにしています。
昨日も友人や家族へのプレゼントのラッピング用品を買いに100均に行ってきました。

Read the rest of this page »

なんと私の予約本でした!

週末、子どもが予約していた本が図書館に届いたということで、早速取りに行ってきました。

予約本の本は別部屋になっていて、そこにはさすが予約本だけあって、
一般書庫ではお目にかかれない巷で話題の本が並んでいました。

その中で、私が今一番読みたいと思っていた、さとうみつろうさんの「神さまとのおしゃべり」だったかな?そんな本まで置いてあって、いいなぁ~と思いつつ、
子どもが貸出手続きを終えたので、フラッと一般書庫を見ていたら、なんとなく読みたい本があったので、
私はそれを借りようと貸出機にカードを通すと、なんとそこには「予約本が入りました」の文字が。

Read the rest of this page »